1. HOME
  2. ハンググライダーの基礎知識
  3. 機体、装備と服装

時代を超えた夢が生んだ翼、ハンググライダーが、あなたを空へと誘う。


機体、装備と服装


ハンググライダーの装備

必要な装備と服装、計器類

服装
 体を保護するため、長袖(夏でも長袖Tシャツ)、長ズボンの、動きやすいウェア。 靴は、運動靴、できれば足首までしっかりホールドするタイプが良い。

グロープ
 手を保護するため あまり厚すぎると手の自由がきかなくなるので注意。薄手の滑り止めのものが良い。 爪を傷めないよう、指先が出ていないものが良い。 

その他
 夏は日射病予防の帽子、冬は防寒ウェア(体を冷やすと怪我しやすい)が必携品。

 ハンググライダーでフライトを楽しむのに、最低限必要な装備は、ヘルメット、ハーネス。  ヘルメットは、頭の保護のために十分な強度を持ち、軽く、風の音を聞きやすいものを選ぶ。 フライヤーの姿勢を考えてデザインされた、ハンググライダー用ヘルメットが使いやすい。 サイズが大きめだと、フライト中にずれて目隠しになるなど、危険。必ず頭にピッタりのものを。
 ハーネスは、フライヤーが身に着ける装具。これを着用して、ハンググライダーからぶら下がります。 いろいろなタイプのものが発売されていて、目移りしてしまいますが、一着めのハーネスは、空気抵抗が多少大きくても、動きやすいデザインが良い。 体に合ったサイズを選ぶのはもちろん。ハンググライダーのセールと、カラーコーディネイトするのも楽しい。
 スクールでは、その練習の段階で、ハンググライダー、ヘルメット、ハーネスを貸出しています。 レンタル料は、講習費に含まれています。

 ベーシックな技術と知識を身につけ、初ソロ飛行を始める前頃から、自分だけの装備、ハンググライダーが必要になってきます。

 緊急用パラシュート(エマージエンシーパラシュート)は他機との接触などによる機体の空中破損に備え、ハーネスに装着します。 このパラシュートは、いざという時にフライヤーが空中に投げて開傘させる。ジェット戦闘機などと違って、フライヤーが脱出するのではなく、壊れたグライダーとフライヤーがつながったまま、パラシュートにぶら下がって降下します。 三、四ケ月に一度、コンテナから出して風を通し、リバックしておけば、万一の時には、すぐに開傘してくれます。 そんな時の一秒の遅れが何を意味するか考えて、リバックをお忘れなく。
 これらの装備の他に、そろえていきたいのが、計器類です。 ハングフライヤーがよく使っている計器は、アルチメーター(高度計)とセットになった上昇と下降の割合を知るためのバリオメーター(昇降計)、スピードメーター、GPS、コンパスなど。 計器ばかりにたよるのではなく、自分自身の感覚を、計器で確認するような気持ちで使うといいでしょう。 無駄のない慎重な購入計画を立てましょう。

自分自身の血の通った翼に日本国内で販売されているハンググライダーは、強度試験をして、定められた強度を持っていることが証明されています。 しかし、その強度も、それぞれの機体に貼付されたステッカーに記される「運用限界」内でのこと。限界を越える過激な飛び方や乱暴な扱いをすれば、グライダーは早く劣化し、強度も低下します。 簡単さが何よりも魅力のハンググライダーですが、いくら簡単でも、人間を乗せて空を飛ぶことにかわりはありません。 扱いはいつでもていねいに、点検はしっかりとしたいものです。 大空への第一歩を踏み出すために、練習を始めた頃は、グライダーは扱い難い大きな物体でした。 ところが、トレーニングを積むに従って、金属パイプと布の物体が、自分自身の血の通った翼のように思える時が来ます。 その時の嬉しさを忘れず、自分の体の一部として、グライダーを常にベストコンディションに保つよう、努力しましょう。 大切に大切に扱っていても、ちょっとした判断のミス、技術不足などでグライダーを壊してしまうこともあります。しかし、それで飛べなくなるわけではありません。 ハンググライダーは、簡単にパーツ交換できるので、ご安心を。また、飛ぶたぴにプレフライトチェックをするのは、もちろんのこと、機体に何らかのダメージを与えた場合や、どこも壊れていなくてもクラッシュした場合などは、徹底的に点検し、すべて異常なしとわかるまでは、飛んではいけません(こんな時、「本当の翼だったら、どこが痛い、そこがおかしいとわかるのですが…)。  おなじみの形のハンググライダーは、ブレイクダウン(分解)すると、直径が30cmほど、長さ4〜5mの棒状になります。 愛機をトノエアーの保管場所に、預けるフライヤーがほとんどで、自分で運搬する必要がありません。手ぶらで飛びに来れるエリアです。

スカイスポーツの新時代を拓いた翼、ハンググライダーは、その簡単さが大きな魅力です。

ほんの少し勇気を出せば、空を飛ぶ夢を実現してくれます。

ハング グライダー スクール 体験飛行 スカイスポーツ 倶楽部 タンデム ハングライダー